メラニン色素

立川市のほとんどのエステ店で重宝されている光脱毛。
人気ランキングのほとんどの店で取り扱われている光脱毛ですが、光とメラニン色素の反応により脱毛効果を得ています。
永久脱毛する上でメラニンとは何なのかを勉強してみましょう。

黒い色素のことをメラニンと呼びますが、人体にある色素のことを指しています。
メラニンという名称は、美肌や美容に詳しい女性ならある程度の知識は持っているでしょう。
メラニンが生成されるとシミになる原因を孕んでいます。
ほくろはメラニンの集まりとも言われています。
しかしメラニンは髪の毛に色をつけ、黒い髪の毛を生やす作用もありますから、一概に悪者というわけではありません。
光脱毛においても、メラニン色素に反応するからこそムダ毛処理が可能となります。
立川のエステ発展となる礎ともいえます。

皮膚に形成されるメラニン色素は日焼け、しみ、そばかす、ほくろなどが代表的です。
紫外線でメラニン色素が沈着し、黒ずんで見えても、新陳代謝が活発であれば、自然と吸収され消えてしまいます。
しかし年齢を重ねている、もしくは生活環境によっては吸収されずその場に残って色素沈着を起こし、シミとなります。
そのようなメラニン色素は美肌には必要ないと思われがちですが、実は紫外線から肌を守っているのがこのメラニン色素なのです。
紫外線を浴びると肌にはダメージが加わります。
そのためメラニン色素が働き、日焼けを起こすのですが、もしメラニン色素がなければ皮膚の奥底まで紫外線が入り込み、水ぶくれ、炎症などを起こすことでしょう。
シミを増やすものとして天敵であるメラニン色素は実際体を紫外線や外部ダメージから守ってくれる大切な役割も持っていますので、うまく付き合っていくことが大切です。

脱毛に関していえば、レーザーや光脱毛はこのメラニン色素に反応して脱毛するため、黒ずみを解消することが出来ます。
もともと皮膚が黒い人、日焼けした直後の人にはレーザーや光脱毛が使用出来ないのは皮膚のメラニン色素にも反応してしまうからなのです。
ですから脱毛をすると決めたら、出来るだけ紫外線を浴びないように生活を心がけましょう。